So-net無料ブログ作成

BMW Vision ConnectedDrive [BMW]

来月の1日から世界5大モーターショウの1つ、ジュネーブモーターショウがスイスで開催されます。


毎年の事ですけど、今ぐらいの時期になると(も少し前かもw)各メーカーの
出展車両が発表されたりするのですが、BMWから非っ情ぉーに興味深い車が発表されました♪



BMW Vision ConnectedDrive
www.fubiz.jpeg
bmw-vision-connected-drive-004.jpeg
P90072029.jpeg
P90072034.jpeg



"ヴィジョン・コネクティッド・ドライブ"


エクステリアから解るように去年に市販化の発表された、
"ヴィジョン・エフェシエント・ダイナミクス" の流れを汲むものとなってます。


この車は名前が示す通り、これから先の車載コミュニケーションを提案したモデルです。


細かい事は分かって無いのですがBMWの発表によると、
スマートフォンと連携したインターネットアクセスや
ヘッドアップディスプレイを使い各種情報を集中表示が可能との事です。


先日、BMWはエヌビディアのテグラ2を車載情報端末の基幹部として採用する事を明らかにしたのですが、
(中/下位モデルのみ。上位モデルはインテルプロセッサとGeForce9の組み合わせ)
この事からも自動車の情報化に積極的なのが分かりますね♪


この車の細かな内容は来月のジュネーブショウを待つ事になるのですが、
このエクステリアだけでもワクワクします♪




車載コミュニケーションと情報処理をコンセプトに掲げた "ヴィジョン・コネクティッド・ドライブ"。


スマホの普及とそれに伴う高性能化により、人1人が持つ情報の多さと多様性を考えるとこれからの将来、
自動車の情報化にもさらに拍車が掛かる事をBMWはこのコンセプトモデルで暗示してると思います。


来月のジュネーブショウが楽しみになる1台です♪♪




P90072028.jpeg
P90072030.jpeg



Bayerische Motoren Werke AG [BMW]

基本的にイタリア車大好きな僕なのですが、ドイツ車も意外と好きっつーか気になります。

やはり、フェラーリと同じエンブレム(広義でw)持つポルシェは勿論なんですが、
BMWは惹かれるものが有りますね。



BMWって『Bayerische Motoren Werke :バイエルン発動機』の略称なんですが、
まず、この名前が良いです。

日本にも、
ヤマハ発動機、カワサキ重工業、ホンダ技研工業などの似た感じの名前を持つメーカーは存在しますが、
いずれも山葉寅楠、川崎正蔵、本田宗一郎と云った創業された方々の名前から命名されたものでして、
BMWの場合『バイエルン州のエンジン屋』って事ですから似て非なるものなのですよね。




現在のBMW3シリーズや5シリーズって、
1962年に登場した『BMW 1500』の2ドア版といえる『BMW 2002』と
基本スタイリングが同じなんだなぁーって感じます。


なんだろ?系譜を感じられる車って、スポーツカーじゃ911とかフェラーリV8とか思い当たりますが
サルーンでこれを感じる事が出来るってBMWぐらいです。

特徴的なのは、Cピラーの根元部分がフックしてる『ホフマイスター・キック』を未だに採用してるし
("1500"からのデザインで、当時のデザイナーであるウィルヘルム・ホフマイスターが名前の由来です)
これって基本的なスタイリングを意識して変えてない証なのかなーとw

エンジンやサスペンションの形式や取り付け位置によってスタイリングの変化はあると思うのですが、
それでも、例えば正面からのショルダーラインとかサイドからの前後オーバーハングの比率なんかを見ると
『変わってないなぁー♪』って思えるわけです。

確かに時代ごとにブラッシュアップはされてきてるのですが、
基本スタイルは継承していってるのですよね。これって素晴らしい事だと思います。




BMW 2002tii
S0-Une-BMW-2002-Tii-neuve-52598.jpg
BMW-2002-tii-Reconstructed-Side-Studio-1280x960.jpg

BMW 3series coupe
06_1920x1200_bmw_3series_coupe.jpg
21_1920x1200_bmw_3series_coupe.jpg









で、ようやく本題w


僕がBMWを好きになった切っ掛けは、2004年にデビューした"1シリーズ"からなんですよね。


BMW 1series
1series a1.jpg


カテゴリはCセグメントなんですが、
フォルクスワーゲンのゴルフを始めとする結構タイトなセグメントでして
やはり、実用的な事を優先してる為、スタイルとしては FF/ハッチバックとなるのですが、
BMWはそこに FR/ハッチバックを持って来たわけです。


しかもですよ、このクラスって大体エンジンは直4でして、
それを居住性を考えて横置きにレイアウトしてるんですよね。
でも、BMWは直4エンジンを縦置き。もぉねぇアホかとw
これには驚きましたし、興奮しましたねぇーw


さらにですよ、1シリーズのトップレンジである"130i"に至っては
BMWの代名詞的なエンジンである直列6気筒エンジンをブチ込んじゃってるんだから、
もぉ感心するしか無いでしょw

はっきり言って僕のハッチバックカーの概念を根底から覆されましたねw いや、ホントに。



BMW 130i
BMW130i M-Sport a.jpg





BMWがここまでやるのは、ブランドイメージを商品にしてるってのも有るとは思いますが、
僕は、意地を張り続けたいのだろうなって思います。これがBMWの美学なんだなぁーと。

ハッチバックだろーが、フルサイズセダンだろーが、
BMWは何も変わらないのだと云う事なんですよね♪


こう云うブランドって他にも存在してますよね。 そう、僕の大好きなAppleです♪


BMWとAppleって迎合せずに独自性を貫いてるし、
自社製品でのハード的な差はあってもソフト的な差が無い・・・
つまり、やれる事の差が無く一貫性が有る所が同じですよね。



この様なメーカーって少なくとも今の時代では希有な存在なんですが、
AppleとBMWの共通してる事がもう1つありまして、それは有力な後ろ盾を持ってると云う事です。

Appleはスティーブ・ジョブズありきの現在の製品ラインナップだし、
BMWは大株主であるクワント家がいるからこそ、こだわった車を創り続けられる訳なんですよね。


いやー、こうやって考えるとますます似てるなぁーw


なんでも、10数年前にジョブズは『BMWの様なブランドを目指す』
と言ったとか言わなかったとかって話もありますから、両者が似てるのも納得出来ますよね。



たぶん、車に興味の無い方でもApple好きならば BMW の事が好きになるのではって思います♪
まぁ好きも色々ありますから全ての方がそうだとは言い切れないですけどもねw





BMW Welt
HBMhTCre_Pxgen_r_1100xA.jpg


BMW Vision Efficient Dynamics Concept Car [BMW]

bmw-vision-efficientdynamics-01.jpg



いやぁー、まさかコレが市販化されるとは・・・。


BMWはこの『ヴィジョン・エフィシエント・ダイナミクス・コンセプト・カー』をベースとした
プラグインハイブリッドスーパーカーを 2013年に市販すると発表しました。

おそらく基本デザインは変えないでしょうから、今までの市販モデルとは一線を画す
良い意味でのBMWらしくない車がデビューする事になるかもしれませんね♪w



BMWはちょいちょいM1やZ8の様なスペシャルな車を市場投入してるのですが、
この車も台数限定や短期間でしか生産されない様なカテゴリの車となるのだと思います。



1979 BMW M1
7094_1024.jpg

1989 BMW Z1
BMW Z1.jpg

2000 BMW Z8
bmw-z8.jpg





この車、スペック的に見れば少々中途半端な感じに受け取れます。


●1.5L 直列3気筒 ディーゼルターボエンジン:163ps/29.6kgm
●フロントモーター   :80ps/22.4kgm
●リアモーター     :51ps/29.6kgm
●最高速度       :250km/h (リミッター付き)
●欧州複合モード燃費  :26.6km/L


スーパーカーとしては出力や最高速に物足り無さを感じますし、
燃費だって驚く程良いわけでは無い、(確かにスーパーカーの燃費では無いですが・・・w)
このどっちつかずのスペックがこの車を中途半端にしてるように思えます。




とは言うものの、ボディデザインに関しては素晴らしいの一言で、
この艶っぽいグラマラスなデザインこそがBMWらしくないなぁって思うのですよね♪



何も知らなければ、イタリア車のコンセプトカーって言われてもあっさり信じると思いますw
願わくば、この素晴らしいデザインを保ってプロダクト化して欲しいものですねー♪



Vision Efficient Dynamics Concept Car 01.jpeg
Vision Efficient Dynamics Concept Car 03.jpeg
Vision Efficient Dynamics Concept Car.jpeg






てかこのボディのぐるぐる模様って、市販化前のテストカーに良く描かれてるのですが
やっぱボディサイズなんかを誤認させる為の"ダズル迷彩"的な何かなのだろうか??



同じBMWの1シリーズテストカー
BMW 1M Coupe teasers.jpeg

アストンの新型DBSのテストカー
Aston Martin DBS.jpeg

先日公開されたレンジローバー・イヴォーク5ドアのテストカー
RANGE ROVER Evoque.jpeg




そしてこれが、ダズル迷彩を施された空母 (1918年)
h63225.jpeg



Vision Efficient Dynamics Concept Car [BMW]

BMWが掲げる『エフィシエント・ダイナミクス』。

そのコンセプトを体現した車両が、
『ヴィジョン・エフィシエント・ダイナミクス・コンセプト・カー』です。


Vision Efficient Dynamics Concept Car
100615_DSC_7940.jpg
100615_DSC_7949.jpg
100615_DSC_7945.jpg


この車は、BMWによると

BMW エフィシエント・ダイナミクスを基にした先進的なアプローチで 革新的な車両コンセプトを基に徹底的に開発した結果、 CO2 排出ガス・マネージメントと駆けぬける歓びを卓越したバランスで実現し、 他では経験できない走りと新たなレベルの効率性を達成。 これらのすべてがもたらす影響は、このコンセプト・カーに搭載した さまざまな装備品やコンポーネントによる相乗効果をはるかに凌駕。 BMW アクティブ・ハイブリッド・テクノロジーの持つ優れた可能性と BMW エフィシエント・ダイナミクスによる大いなる革新性に裏打ちされた実現可能性を提示。

との事です。


なによりまず目に付くのがその大胆なボディワークですね。
これは軽量構造と空力特性を徹底的に追求した結果の形だそーです。

BMW-Vision-EfficientDynamics-Aerodynamics-01-lg.jpg



デザイナーは知り得なかったのですが、カロッツェリアにも対抗出来る造形美です♪
特にテールの処理は素晴らしいっス♪

100615_DSC_7864.jpg
100615_DSC_7868.jpg




で、この車両の特徴なんですが、

●3気筒ディーゼルターボエンジンに2個の電気モーターで駆動
●電気モーターは前後車軸上に1基づつ搭載する四輪駆動方式を採用
●出力は356psで、0-100km/hは4.8秒
●ブレーキエネルギー回生システム採用により燃料消費を増やす事無く電力を生成
●電気駆動のみで約50kmの距離を完走可能

とまぁこんなカンジです。


おそらくこのコンセプトカーが市場投入される事は無いとは思いますが、
BMWの思想や技術力がとても良く分かります。

近い将来、BMWの新しいシリーズとして
このコンセプトカーの流れを汲んだ車両が登場するかも知れませんねー♪







Vision Efficient Dynamics [BMW]

先日の17-18日に、

『BMW Mobility of the Future - Innovation Days in Japan 2010』

と云うイベントが開催されました。


これは名前が示す通り、
BMWが開催する環境性能と(駆けぬける)歓びの両立について現在と将来の計画を発表したものです。



BMWの現在から未来に向けてのコンセプトは『エフィシエント・ダイナミクス』。

この、BMWが提唱する『エフィシエント・ダイナミクス』とは
性能を維持したままの環境性能の向上。つまりはエネルギー効率を高めるって事です。

この"性能を維持したまま"ってのがキモで、
BMWのスローガンは『駆けぬける歓び』なワケで、いくらハイブリッド化しようが
ゼロ・エミッションで走れようがこの『駆け抜ける歓び』が無ければBMWでは無いと云う事でしょう。

ですからハイブリッドや電気に水素と、エフィシエント・ダイナミクス化出来るものは
全て取り入れ、各車両に合わせた最適なものをそれぞれ組み込んでいくと。そーゆー事だと思います。

自らエンジン屋を名乗る名前を持ちながら、
(BMW:Bayerische Motoren Werke:バイエルン発動機製造会社)
現在必要とされているエフィシエント・ダイナミクスを達成する為にはエンジンにとらわれず、
貪欲に新しい技術を実現していこうと云う姿勢が素晴らしいです!!



で、肝心の車両の方なんですが、
既に受注が始まっている『アクティブハイブリッド 7』は来月にもショールームに並び、
『アクティブハイブリッド X6』も年内には国内販売されるとの事です。

●ハイブリッド〈ガソリンエンジン+電気モーター駆動〉

ActiveHybrid 7
accessories_wallpaper_7series_sedan.jpg

ActiveHybrid X6
accessories_wallpaper_x6.jpg





まだまだ実証実験中な電気自動車なんですが、
来年にも1シリーズを電気自動車である『アクティブE』としてリリース予定。

ミニEは現在実証実験車両としてるのですがこちらもいずれは『アクティブE』化していく事でしょう。

●電気自動車〈電気モーター駆動〉

Active E (1series)
Active E side profile.jpg

MINI E
mini-e-1.jpg






様々なアプローチを用いて
エネルギーの効率化と駆けぬける歓びのパッケージングを実現しようとする姿勢に、
つまりは自動車の未来について真剣に貪欲に取り組んでいる姿勢に感銘を受けました。


流石は BMW です。
ホント、このメーカーは注目するに値しますよね♪
基本イタ車好きな僕なのですが、BMW ならオーナーになりたいって思いますもんw





100615_DSC_7959.jpg


この車は無視できないでしょ。
次はコレですw

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。