So-net無料ブログ作成
検索選択

NATIONAL TREASURES / MANIC STREET PREACHERS [Music]

manic street preachers.jpeg




日本でも人気の高いマニック・ストリート・プリーチャーズなんですが、僕も例外無く大好きです。

音楽に関しては割と飽きっぽい(熱しやすくもありますがw)僕なんですけど

1992年に発表されたファーストアルバムからづーっと聴き続けてるバンドだったりします♪




もの凄く分かり易い(ともすれば大袈裟過ぎる)楽曲にインテリジェントな歌詞の組み合わせが

マニックスの魅力だったりするのですけども、

マニック・ストリート・プリーチャーズと云うバンドの現在までの歴史にも

大きな魅力を感じてるのは間違いの無い事なのですよね。




デビュー時に『たった1枚のアルバムをリリースし世界ナンバーワンを取って解散する』と言い放ち

その後、無様に解散宣言を撤回したり

サードアルバムリリース前にバンドの育ての親であるマネージャー(フィリップ・ホール)との死別、

リリース後にはマニックスの肝である作詞を担ってたリッチー(ギタリスト)の失踪により

絶望的な悲壮感に包まれながらもこれまでの歳月を紡いできたバンドですから

そりゃー魅力的に感じずにはいられませんよw




manics.jpeg




マニックスってやっぱ無様なんですよね。

バンドとしての生き方もそーなのですけど、例えばアルバムタイトル1つ取ってもかっこ悪いw

ジェネレーションテロリスト』『ゴールド・アゲインスト・ザ・ソウル』『ホーリー・バイブル』

『エヴリシング・マスト・ゴー』などなど、見てるこっちが赤面しちゃうレベルですw

そして今回紹介するアルバムタイトルに至っては『ナショナル・トレジャーズ』。

自らのベストアルバムを国宝呼ばわりするって、確実に冷笑しちゃうレベルですよねぇw

・・・・・とインテリな彼らが本気で厨二全開なタイトルを付けるワケが無く、

皮肉(自身達への)だったり挑発だったり何らかの意図があってのタイトル命名である訳で

そこがまたマニック・ストリート・プリーチャーズなんだなぁーと。




音楽的にはね、

10枚のアルバムにそれぞれの音があってやっぱ彼らの勤勉さを感じずにはいられないのですけど

デビュー時から自分たちの内面的なスタンスは変えずに現在に至ってるワケですから

そりゃーね、その勤勉さと相まって絶対的に信用出来るバンドだなって思えちゃうんですよねー♪




NATIONAL TREASURES - THE COMPLETE SINGLES
national treasures - the complete singles.jpg




で、このナショナル・トレジャーズなんですけど何の変哲も無い現在までのシングル集ですw

多分マニックスが好きじゃないと買わないレベルwwww

でもね、改めて歴代シングルを繋げて聴くとやっぱ良いなぁーと思っちゃうワケです♪
(アルバムとしての面白味を求めない前提ですがw)

けど、お薦めはしませんよw
(僕は国内仕様の通常版とインポートのDX版両方とも買っちゃったりしてますけどもwwww)

やっぱマニックスはアルバム買って聴いたが絶対いいってw

あと、英語分かる人はいいけど僕みたいに分かんない人は対訳の付いた国内盤を買いましょー♪




NATIONAL TREASURES - THE COMPLETE SINGLES (Deluxe Edition)
national treasures - the complete singles DX.jpg






You Love Us



Your Love Alone



It's Not War Just The End Of Love



Everything Must Go



Motorcycle Emptiness



You Stole The Sun From My Heart



Life Becoming A Landslide



Autumn Song



Some Kind Of Nothingness



Faster





ユーチューブでPV探したけどあんま無くて・・・。

なんかクォリティの高いライブ映像がupされてたんでとりあえず、ずらずらーっとw

しかし、ジェームス(ボーカル)のおっさん化が加速してんなぁー。

ロックシンガーでここまでおっさん化の激しい人もそうはおらんやろねw



I'M WITH YOU / RED HOT CHILI PEPPERS [Music]

tit_logo.png




2006年リリースの"ステイディアム・アーケイディアム"から5年ぶりとなる

レッチリのニューアルバム"アイム・ウィズ・ユー"がついに発表されましたー♪

ほんとマジ待ったっすw




I'M WITH YOU / RED HOT CHILI PEPPERS
ImWithYou.jpeg




今回のアルバムでまず気になる所は新ギタリストのジョシュ・クリングホッファーですよね。

やっぱ近年のレッチリってジョン・フルシアンテありきだったワケで

そんな人に代わって参加した方ですからそりゃ気になるっつーモンですよw

で、このアルバムを聴いてどぉ感じたのかっつーと

安心したっつーか、フルシアンテが居た時の楽曲より確実に好きかも♪




当たり前に個人的感想なのですけど、

99年の"カリフォルニケイション" 02年の"バイ・ザ・ウェイ" 06年の"ステイディアム・アーケイディアム"

この3枚のアルバムはやっぱフルシアンテ色が強過ぎたんだと思うんですよね。
(フルシアンテ絡みのアルバムでは"ブラッド・シュガー・セックス・マジック"が1番好きっス♪)

いやフルシアンテ時代があっての今回の楽曲ですし、

何よりこの3枚のアルバムはどれも名曲揃いだと感じてますから

決して間違ってもフルシアンテを否定してるワケじゃないですよw




ただね、このアルバムを聴いて感じる事って凄く伸びやかで大らかな楽曲軍だなぁーと。

これはフルシアンテ時代には感じれなかった事だし、それはギターが個性から調和に代わった事で

得る事の出来たモノのひとつなのかなぁーって勝手に思ったりしてますw




元々サポートメンバーだったジョシュの正式加入は

フルシアンテ脱退の不安を見事に拭えてるんじゃないでしょうか。

アンソニーらと17歳以上も年齢が離れてるってのも功を奏してるのかも知れないですしねw




兎に角今はこの素晴らしいアルバムに聴き入っていたいなぁーって思ってます♪♪




redhotchilipeppers.jpg






The Adventures of Rain Dance Maggie / Red Hot Chili Peppers



岡村ちゃんw [Music]

岡村靖幸が8月24日にセルフカバーアルバムをリリースするとの事で

ちょっと久々に聴いてみたいなぁーとか思ってます♪



スクリーンショット 2011-08-11 13.17.12.png




岡村靖幸って僕が19歳の頃に存在を知っからずーっとハマって聴いてたミュージシャンだったです。
(いや今も好きですよ、何年も聴いてないけどw)

まぁ当時の友人が言った"ナルシストっぷりが気持ち悪い"って言葉は十分理解は出来ますがwww




この人の凄い所って卓越したメロディセンスやアレンジ能力なんですけど、

僕にとってのファーストインパクトってやっぱ歌詞です。

まぁ内容は女性や恋愛に対しての事ばかりでアレな感じなのですけど、

表層的にはあまり意味のある詞には聞こえないのに、それでも強く響いて来るのが凄いなぁーと。

普通ね、多くの作詞家やミュージシャンが書く歌詞って絵空事とも取れる内容に聞こえるのですよね。

多かれ少なかれ他人事っつーか白々しさが有る様なね。

でも彼の場合自分を中心に据えた歌詞を書くから凄く力強いし、だから聴き手を揺さぶるのだなと。
(中には訳分かんないのとかもありますけどねw)




あと、歌い方ですね。これこそ天性のものだなぁーって感心しますw

そりゃ他の歌い手さんにも特徴的な歌い方をする人って多数存在するのですけど

この人ほど上手く日本語を独自の歌い回しにより使いこなせる人は居ないと思います。

単調な発音の日本語ってカッコ良さの点では凄く不利な言葉なんですけど

岡村靖幸に歌わせたら日本語がカッコ良く聴こえるから不思議ですw

やっぱセンスの成せる技なのだと凄く感じますねぇ。




1987 YELLOW
1987 yellow.jpg

1988 DATE
1988date.jpg

1989 靖幸
1989靖幸.jpg

1990 家庭教師
1990家庭教師.jpg

1995 禁じられた生きがい
1995禁じられた生きがい.jpg

2004 Me-imi
2004Me-imi.jpeg




まぁ、25年のキャリアの中で色々と苦悩もあり空白の期間も永かったのですケド

また前戦に戻って来てくれるのは嬉しい限りです。

久しぶりに、つべで岡村靖幸の楽曲を聴いたのですけどやっぱ良いものは時間を超越しますね♪

iTunes Storeにも2007年発表の"はっきりもっと勇敢になって"が販売されてましたし、
(iTunes Storeにある事自体が凄く嬉しかったりしますw)

今月の24日を心待ちにしたいって思ってまーす♪♪






はっきりもっと勇敢になって



だいすき from エチケット




タグ:岡村ちゃん

Bright Siren / androp [Music]

正直、このバンドの事や楽曲については何1つ知らないのですけどw

『Bright Siren』って曲のPVが素晴らし過ぎるのです♪









このPV、250台ものスピードライトを使用し幻想的とも云える光のディスプレイを表現しています♪
(キヤノン製の外部フラッシュ、SPEEDLITE。因みにニコン製はSPEEDLIGHT)

まぁ、普通にLEDなんかのモニターを使用すれば終わる話なんでしょうけど

カメラのフラッシュでこれだけのものを表現してる事が素晴らしい訳で

ガイドナンバー58の発光の強さが有ればこその広い間隔での設置、

そしてその間隔での光の塩梅が絶妙だなぁーと♪




speedlite580exⅡ.jpg




このPVを企画した方のアイディアは当然もの凄く素晴らしいのですけど、

こんな無茶な発光プログラムにもちゃんと対応してる580EXⅡも凄いですよねw

このスピードライトでの演出が曲の良さをさらに引き出してる感も有りますし。




いや、まじ良いモン見せてもらいましたー♪




スペシャルサイトもあるよw
http://www.androp.jp/brightsiren/






androp 1st album "relight"
androp_relight.jpeg



SUCK IT SEE / ARCTIC MONKEYS [Music]

Arctic-Monkeys1.jpg




前作の『Humbug』でハードでタフなロックを鳴らしてみせたアークテック・モンキーズなんですが

2年ぶりとなる今作は前作の路線を踏襲しつつもそこには魅惑的なディープなロックが待ってました♪




彼らのあゆみって、いきなりファーストで完璧なアルバムを創っちゃった事から始まるのですけど

アルバムリリースを重ねる度にどんどん深くなっていくと云うか、純度が増してる感じがするのです。




アルバムの発表間隔を見てみると

ファーストからセカンドまで 1年、セカンドからサードまで 2年、サードからフォースまでも 2年と

こんな短いスパンでアークティック・モンキーズのロックはどんどん濃くなっていってるのですから

聴いてるこっちはたまんないですw

つか、彼らってまだ25~26歳ですよw 本っと末恐ろしいよなぁーwww




2006 Whatever People Say I Am, That's What I'm Not
Whatever People Say I Am, That's What I'm Not.jpg

2007 Favourite Worst Nightmare
Favourite Worst Nightmare .jpg

2009 Humbug
Humbug .jpeg

2011 Suck It See
Suck It And See.jpg




アークティック・モンキーズの最新アルバムを聴く度に唸らせてもらってるのですが

僕は彼らのアプローチって実験とか探索とかじゃなく

その時その時の純粋なロックを鳴らしているだけなんだと、そんな風にも思えます。

まだ若い彼らですから、これから先どれだけの深く濃いロックを聴かせてくれるのか非常に楽しみです♪






Brick By Brick



The Hellcat Spangled Shalalala



Don't Sit Down 'Cause I've Moved Your Chair




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。